0

南町太鼓台

南町太鼓台

宮入り神社
感田神社

制作年
大正12年

大工
田端辰次郎

彫師
開正藤、開生ミン、上田徳弥、川島暁星

彫り物
正面の枡合が「勧進帳安宅の関」、後面の枡合は「新田義貞稲村ケ崎
刀流しの場」、土呂幕は難波戦記の「蒲田隼人の奮戦」、「後藤
又兵衛の勇戦」等が刻されています。
垂木の金物や細部の彫物には「太閤記」に縁のひょうたんが用いられ
ています。

特徴
先代の太鼓台が火災によって焼失したことにより、大正12年に新調されました。
大工棟梁は岸和田市の田端辰次郎で、彫物師は淡路の開正藤、生ミンの親子と、
上丹生彫の上田徳弥、あるいは地元の川島暁星等、多数の彫物師が加わり腕を
競っています。
この太鼓台は、彫物の緻密さにおいては貝塚の太鼓台では随一のもので、紫檀、
黒檀の名木を多数用いています。
昭和59年に、大規模な解体修理が行われています。

施設名南町太鼓台
住所大阪府貝塚市南町18
詳細地図
大阪府貝塚市南町18

南町太鼓台の評価

※5段階の簡単評価をお願いしております、★の選択で誰でも簡単に評価できますので是非お願いします。
残念もう少し良い非常に良い最高でした (1 投票, 平均値/最大値: 4.00 / 5)
Loading...
TOPへ戻る