0

西町太鼓台

西町太鼓台

宮入り神社 感田神社

制作年
大正8年

大工 樫本平吉

彫師 桜井義国

彫り物 正面の枡合が「牛若、弁慶五条大橋出合の場」、後面の枡合が
「神功皇后」、勾欄には「中国の24孝」が刻されています

特徴
大正8年に中町の樫本平吉を大工棟梁として新調されました。
樫本平吉は、明治の左甚五郎と呼ばれた泉北郡忠岡町の大工で、彫物師でもあった
桜井義国の弟子で、義国が自ら墨引きして彫物を手がけた唯一の太鼓台です。
屋根の前後に黒檀を用いた軒唐破風を設け、見事な扇垂木の細工がなされています。
重量のある太鼓台で、黒檀・紫檀の名木が多数用いられています。
昭和58年に岸和田市の植山工務店で解体修理が行われています。

施設名西町太鼓台
住所大阪府貝塚市西町24
詳細地図
大阪府貝塚市西町24

西町太鼓台の評価

※5段階の簡単評価をお願いしております、★の選択で誰でも簡単に評価できますので是非お願いします。
残念もう少し良い非常に良い最高でした (3 投票, 平均値/最大値: 4.33 / 5)
Loading...
TOPへ戻る