0

中北町太鼓台

中北町太鼓台

 

宮入り神社 感田神社

制作年 幕末~明治初年頃

大工 不明

彫師 高松彦四郎彫り物枡合正面「佐久間玄蕃秀吉本陣乱入」、右面「真田幸村大坂入城」、
左面「本能寺の変」、後面「関白秀吉朝鮮使説謁見」、土呂幕の正面
「加藤清正虎退治」等です。

得徴
大北町と共に泉州地方最古の太鼓台です。
製作年代については資料が無く明らかでありませんが、幕末から明治の初年頃と考え
られています。
大工棟梁は不明ですが、彫物師は、幕末から明治初年に活躍した高松彦四郎です。
マトイは金糸刺繍の旗で大阪府下唯一と自慢できるものです。
昭和59年に岸和田市土生町の大下工務店で解体修理が行われています。

施設名中北太鼓台
住所大阪府貝塚市北町30−12
詳細地図
大阪府貝塚市北町30−12

中北町太鼓台の評価

※5段階の簡単評価をお願いしております、★の選択で誰でも簡単に評価できますので是非お願いします。
残念もう少し良い非常に良い最高でした (まだ評価されていません)
Loading...
TOPへ戻る